Author: mizuho-03@ (page 2 of 3)

和太鼓との共鳴🌕🐉🌕

こんにちは🕊🍀🕊

美しい桜の時期もあっというまに過ぎ、まるでまた冬に
なってしまうような日々がありましたり、半袖を着てみたりと、、皆様健康管理をどうぞおきおつけてお過ごし頂きたいと思います。

先日は古事記の舞台で共演させて頂きました和太鼓奏者の佐藤健作さんとコラボさせて頂きまして、とても楽しく内容の濃いお時間を頂きました✨🌕✨

和太鼓奏者の佐藤健作さんと浅野瑞穂の舞のパフォーマンス。仮面の女と磔刑の男。

健作さんの本番の太鼓は、地球の外側まで届いていたように感じさせて頂きました。そして助演の若手男性のお二人にも新鮮な純粋なパワーを頂き、スタッフの皆様の素晴らしい身のこなしにも感動させて頂きました✨💫✨

天女の羽衣と和太鼓の響演

ご来場頂きました皆様、心より感謝申しあげます。

月のような太鼓とそれに映る人影

共鳴できるとやはり嬉しいものですね✨😌✨

佐藤健作さんと浅野瑞穂のトーク

舞いながら

色々な心の旅をこれからもしていきたいと思います✨💕✨

月曜名作劇場🌙TBS🌙鳥神様振り付け✨🌙✨

もうすぐそこまで春が近づいていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか✨

今年の桜はまた格別に美しく咲いて下さると信じています🌸

今月の三月十二日月曜日、夜8時より、月曜名作劇場サスペンス!鳥なき村の惨劇というドラマの中で、雛形あきこさんが、鳥の神様の舞をなさるのですが、その舞のシーンと、大勢の村人の方々が、鳥神に奉り踊るシーンを、振付させて頂きました✨🕊✨

月曜名作劇場サスペンス!鳥なき村の惨劇

昨年の十一月に撮影だったのですが、凍えながら寒さとの戦いのようなお時間でした。篝火を焚きながら神秘的なお時間を頂きました✨

テレビスタッフの皆様が作り上げていく現場をのぞけ、素敵な役者さん達が一体になり進められていく、素晴らしいお時間がまだ脳裏に焼き付いています✨🌸✨

「月曜名作劇場サスペンス!鳥なき村の惨劇」篝火を焚きながらの神秘的なロケ

いつもと違うお時間を頂きありがとうございました。

もしお時間があうようでしたら!皆様チラッとでもサスペンスの世界を除いて見てくださいませ✨🌙✨

凄く怖いと思いました✨🌙💕

大倉山記念館ホール舞台へ🌙

皆様こんにちは✨

先日の大倉山記念館ホールでは、お寒い中、瑞穂舞創始20週年記念公演にご来場頂きまして誠にありがとうございました。

重要文化財の建物だけありまして、重厚感のある気品漂うエネルギーを感じ、建物をつくられた方の祈りが伝わって参りました。

小さなホールですので、目の前にお客様なのですが、何故かとても遠くにも感じてしまい、今回は優しい繊細な祈りに包まれた一体感を感じさせて頂きました。

客席の皆様の心と、舞っている人の心が、交ざりあい、空間が舞っていく、、そんなお時間がとても愛おしくも感じ、せつなくも感じ、時間がこのままとまってくれたらいいのに、、、と感じてしまいました。

その日は、偶然皆既月食という事で、夜の部が終わると同時にお月様がかけていきました。

皆様もそれぞれの思いで、お月様を感じていた事と思います✨🌙✨

宇宙のリズムと共に生きている私達ですが、流れに身をまかせながらゆったりあじわって参りたいと思います。

まだまだ寒い日が続きますが、春の気配も漂って参りましたね✨🕊✨桜も今から待ち遠しいです。

どうぞお身体大切になされながらお過ごし下さいませ。

ありがとうございました✨💐✨

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます✨🕊✨

 

昨年も皆様に支えられながら色々と舞い踊るお時間を頂けました事を心より感謝申し上げます。

戸隠にて舞い踊る浅野瑞穂

 

新しい一年が始まりました。今年は瑞穂舞20周年と同時に舞踊研究所創設15周年になります。色々と幸せなお時間を皆様と共に創って参りたいと思います✨

 

そして、今までの沢山の映像資料を少しずつYouTubeの動画でアップして参りたいと思います。ご覧頂けましたら嬉しく思います✨🕊✨

自然界に生きているものは、舞踊りたいと思うことは、本能に近いことかもしれませんね✨🌿✨

皆様は舞い踊りたくなる時どうしているのでしょうか?私は幼稚園ぐらいの時から記憶に残っていますが、一人になると、舞いたい扉があき、吸い込まれるようにその瞬間の世界に入っていきます。今年の初舞は、寒い洞窟の中で水の音と共に舞っている水の女神様が一緒にいました。

本当にありがたい至福のお時間です。

舞いたい人は環境に関係なく、いつでも舞っていいと心から思っています。

皆様と共にこれからのお時間を楽しみにしております。

浅野瑞穂🕊

瑞穂舞新春舞の会🌙大倉山記念館ホール

皆様こんにちは✨

今年も早いものでわずか1ヶ月半となりました。

一人一人が、違う時間を生きていながら、今しかない時代を共に過ごしているのですね✨

日々舞と共に時間が過ぎ、何も変わっていない自分と、凄く変わっている自分と向かいあいながら、不思議な時間の感覚の中で生かされている事に気づかされます。

来年は瑞穂舞創始20周年となります。

この度は大倉山記念館という、素敵な空間とご縁を頂きました。

後から知ったのですが、この記念館を建てられた方は、日本を良くなされたいという願いがあり、祈りをこめて建てられたそうです。

やはりそのようなお心の方の土地は特別な意味があると信じております。

いつも感じていますが、舞も形はもちろん大切ですが、一番大切な心と共にある事を忘れずに舞って参りたいと思います。

今回は大倉山という、山の上の素敵な小さな舞台空間で、舞を感じて頂けましたらと願っております。

そして、来年1月31日は偶然満月の日でした。

寒い時期ですが、お越し頂けます事を願っております🌙お月様も共に舞って頂けますように🌙

素敵な出会いに心より感謝申し上げます🌙

瑞穂舞創始20周年記念公演  新春舞の会 会場:大倉山記念館ホール(横浜市港北区大倉山2-10-1) 瑞穂舞創始20周年記念公演 新春舞の会 日時:2018年1月31日(水) 【昼の部】 開場 14:30 開演 15:00~17:00(70席) 【夜の部】 開場 18:30 開演 19:00~21:00(70席)

 

Older posts Newer posts